読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコのこと

わけあって実家へ帰ってきている。実家ではネコを飼っている。私が大学へ入学したのが2000年で、その年の冬にやってきた。その時はまだだいぶ若く、夜になると家の中を走りまわったりしていた。あれから11年、もう13歳くらいになったのではないかと思う。歳のせいか、走りまわるようなことはなくなった。ほとんど一日中寝ている。

さて、そんな我が家の御ネコ様は食事にうるさい。気に入ったものしか食べない上、その好みもころころ変わる。人間の食事は塩分が強いので、なるべくキャットフードを与えるようにしている。ネコは腎臓が弱い。最近のお気に入りは、ユニ・チャームの「ねこ元気」シリーズのレトルトタイプである。

このレトルトだが、一袋の容量が40gで、一日に3〜4袋与えるようにと書いてある。うちのネコは、食い意地が張っているのか、だいたい一日に5〜6袋も食べる。したがって、頻繁にドラッグストアへ行っては、このレトルトを買い占めることになる。

このレトルト、年齢によって、1歳以上、7歳以上、10歳以上、13歳以上と、年齢ごとに種類が分かれている。お店には種類ごとに少しずつしか置いていないので、母は、7歳以上〜13歳以上までを買い占めている(さすがに、1歳以上では若すぎると思う)。

ここでわからないのが、何の違いによって種類が分かれているのかということだ。袋の裏の表示を見比べてみたが、原材料、栄養ともに大きな違いは見られない。ユニ・チャームのWebサイトを見てみても、掲載されていない。

ペットを飼っている人ならわかるだろうが、ペットは家族である。家族には、よくわからないものを食べさせたくはない。ペットフードとはいえ、メーカーはそれが「食品」であることを認識して欲しい。これは、ペットの健康のためであり、また飼い主の安心のためでもある。

ちなみに、我が家の御ネコ様は、そんなことなど何も気にせず、何歳用でも喜んで食べている。心配するのは人間だけか…